hipflask

Huile Parfumée D’intérieure #1

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、沖縄の伝統陶器に『抱瓶(だちびん)』と呼ばれるうつわがあります。
王朝時代、かつて地方の豪農たちが山野の巡回や猟、行楽へ行く時にいわゆる水筒のようにして泡盛を持ち出す。
今で言えばアウトドアの携帯酒器があります。
紐を通す穴があり、ちょうど腰のあたりでしっかり密着できるように三日月型のように湾曲しています。
豪農たちは、競い合って陶工たちに自慢のマイ抱瓶をオーダーしたと言われています。

実は同じく蒸留酒のウイスキーを嗜む文化のヨーロッパでも、お酒を携帯する容器が18世紀頃のイギリスを起源に
『スキットル』『ヒップフラスコ』という金属製の容器が作られています。
こちらもまた、ヒップポケットに入りやすいようにと湾曲した形のものが存在します。
のちにそれらがアメリカでは、禁酒法時代に爆発的に普及をみせた歴史へとつながります。

泡盛とウイスキー。
気候風土の異なる琉球とヨーロッパで育まれた蒸留酒の酒文化をさかのぼると、
陶器と金属いう素材も大きさも違えど意外なところで
『携帯するために湾曲したカタチ』という共通の要素を持った酒器があるのがこれはすごく面白いなと。

しかも時代的にも、ほぼ同時期ということにもとても興味を惹かれて、
じゃあ、もし金属製のヒップフラスコの形を素材を変えて作ったらどうかな?というのが創作の原点。

二つの蒸留酒文化から生まれた『湾曲したカタチ』をフレグランスオイルのボトルに落とし込んでみました。
ろうとは、注ぎ口が小さい容器にウイスキーを移し入れる道具として使われていたそうです。

hipflask(ボトル)用のボトルキャップもリリースしました♪

また、deccoオリジナルな香りのルームフレグランスオイルは、
旅先からお持ち帰りしやすいように 容量 50ml. サイズのものを
新たにご用意いたしました。

どちらも那覇空港内連結ターミナル2階の
『Dear Okinawa』さんで
どうぞ 🙋‍♂️🙋

Dear Okinawa
那覇空港内連結ターミナル2階
open : 7:00 – 20:30
contact : staff@dearokinawa.com
https://dearokinawa.com

*bottle cap ( for hipflask )
*Huile Parfumée D’intérieure #1
 (インテリアフレグランスオイル#1)
*ろうと